top of page
  • 執筆者の写真元気牧師

5月1日(水)



【聖句】


主はお前のゆえに喜び楽しみ

愛によってお前を新たにし

お前のゆえに喜びの歌をもって楽しまれる。


(ゼファニア書3章17節)



【黙想】


イエス様がお生まれになる600年以上前の預言者ゼファニアの言葉。 神様に背く王とその国民に向かって「悔い改めよ」と語りかえ、

裁きの警告が語られています。 3章は、その終わりの部分。

救いの約束が語られているところです。



・・・・・

娘シオンよ、喜び叫べ。

イスラエルよ、歓呼の声をあげよ。

娘エルサレムよ、心の底から喜び躍れ。

主はお前に対する裁きを退け

お前の敵を追い払われた。

イスラエルの王なる主はお前の中におられる。

お前はもはや、災いを恐れることはない。

・・・・・



そしてこう続きます。


・・・・

お前の主なる神はお前のただ中におられ

勇士であって勝利を与えられる。

主はお前のゆえに喜び楽しみ

愛によってお前を新たにし

お前のゆえに喜びの歌をもって楽しまれる。

・・・・



ここにある「お前たち」というのは

直接的にはイスラエルのことを差していますが、

イエスさまのゆえに、

この言葉は私達にも向けられていると受け取ってよいと思います。


驚くべき言葉です。


主はお前のゆえに喜び楽しみ

愛によってお前を新たにし

お前のゆえに喜びの歌をもって楽しまれる。



花婿が、その花嫁を喜ぶように、

愛する花嫁の美しさと麗しさを愛で、

心から楽しむように、

主はあなたを喜び、

あなたのゆえに喜びの歌を歌って楽しまれるのだというのです。



あらためて思います。


私たちは、私たち自身の目に映る私ではなく、

神様の目に映っている私を信じないといけないんです。


「神様、わたしなんて、そんな価値はありません」って思うでしょう。

でも、違うんです。


神様にとって私たちは、

信じられないくらいの価値があるのです。

ぜったいに救いたい、取り戻したい、そんな存在なのです。


じゃなきゃ、

愛する独り子イエスさまを犠牲になどされないでしょう?



そう。

私たちの神様は、

私たちのために独り子を与えてくださった方です。


「神様は私のことをどう思っているんだろう」って一人考え込んでしまうと

あまり良いことはありません。


考えるのではなく、

信じるのです。ご自身の愛する独り子をたもうほどに私たちを愛された父の御心を。















閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page