top of page
  • 執筆者の写真元気牧師

3月7日(火)




【聖句】


見よ、イスラエルを見守る方は

まどろむことなく、

眠ることもない。


(旧約聖書・詩編121編4節)



【黙想】


先日の礼拝説教の一節より。


========================



主イエスはこの日、安息日の神殿で、

なんと宣言されたか。


ヨハネ8:17。

イエスはお答えになった。

「わたしの父は

今もなお働いておられる。

 だから、わたしも働くのだ。」


そうです、

父なる神がお働きくださっている。

昨日も今日もまた永遠に

変わることのない

イエス・キリストが

わたしたちのために

今もお働きくださっている。


信仰生活は、

私が何をしたか、

何ができたか、

何ができなかったか、

そんなことに

フォーカスすることじゃない。


私がどうなっても、

それこそ、

私が寝ているときも、

身体がきつくて、

心が重くて、

何もできないときも、

全身麻酔で

意識を失っているときであっても、

主が、今もなお、

私のためにお働きくださっている。


このことに眼差しを

くくりつけ、

この御言葉の中に立って、

平安をいただくことです。


見よ、

イスラエルを見守る方は、

まどろむことなく、

眠ることもない

と詩編121編にあるように、


父なる神と主イエスが、

そして私の内で聖霊が、

今もなお、常に、

そして永遠に、

私たちのために

お働きくださっている、


だから、わたしは、

安んじて眠り、目覚め、

出かけ、働き、

生きていくことができるのです。



兄弟姉妹、

主イエスの名によって

あなたに言います。


恐れることはない。安心しなさい。


イエス・キリストは今もなお、

あなたのために、

我らのために、

最善のご計画をもって

働いてくださっています。


今、このときもです。


たとえ音は聞こえなくても、

たとえ見えなくても、

たとえ感じられなくても、

主は決してまどろむことも、

眠ることもなく、

お働きくださっているのです。


この主を見つめよう。

この主に感謝し、

喜び祝おう。

これこそが礼拝なのです。

あなたはこのためにこそ

今、ここにいるのです。


そしてここにこそ、

真の安息があるのです。



アーメン!
















閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page