top of page
  • 元気牧師

1月13日(金)




【聖句】


神は人間をまっすぐに造られたが、

人間は複雑な考えをしたがる。


(コヘレトの言葉7章29節)



【黙想】


もっとまっすぐで

良いと思うのです。


神について、

救いについて、

信仰について、

深く考え、

思を潜めること。


もちろん大切なことです。


けれども、

いちばん大切なことは

神様がおっしゃったこと、

聖書において

約束されていることを、

アーメンといって受け入れることです。


こんなことを言うと、

「反知性主義だ」などと批判される

かもしれません。


でも、

私たち人間を本当に救うのは、

神の国の理を

自分の理解できる経験や理屈の中に

落とし込もうとする

人間がこねくり回した

「聖書の解釈」ではありません。


人間を救うのは、

聖書の言葉そのものであり、

神の約束そのものです。


ある人は言いました。


悪魔は、人間がこしらえた

「聖書の解釈」など

まったく恐れない。


悪魔が恐れるのは、

「聖書の御言葉そのもの」であり、

人間がまっすぐに

「聖書の御言葉そのもの」を

信じて立ち上がることだ、と。


そういえば

イエスさまが荒れ野で

悪魔に誘惑されたとき、

主は御言葉「の解釈」ではなく、

御言葉「そのもの」によって

対抗していましたよね。

(ルカ4;1以下)



兄弟姉妹、

神さまはあなたを

まっすぐなものとして

お造りになりました。


神の御言葉に対しては

常識などおかまいなしの

二歳児のようになってよいのです。


天の父の御言葉は、

鵜呑みにしてください。



【小さな祈り】


父なる神様。

あなたの御言葉なのに、

わたしのモノサシの幅で

計って、裁いて、

疑ってしまいます。

なんと滑稽な私でしょう。

どうかあなたのモノサシ、

天のはかりで生きる

名実ともに、

あなたの子とならせてください。

*あなたの言葉で祈りましょう。

アーメン。








閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page