top of page
  • 執筆者の写真元気牧師

9月8日(金)



【聖句】


「ザアカイ。急いで降りて来なさい。

 きょうは、あなたの家に泊まることにしてあるから。」


(新約聖書・ルカによる福音書19章5節)新改訳



【黙想】


徴税人の頭であったザアカイ。

そんな彼がいたエリコの町に、

ある日主イエスが来られたのです。


ザアカイは、なぜだかわかりませんが、

どうしても主イエスを一目見たかった。


ごった返す群衆をかき分けなんとか見ようとしても、

群衆はこの徴税人をわざと妨害し、

彼の背の小さかったこともあいまって、

まったく見ることができませんでした。


しかし彼はあきらめない。


走って群衆の先回りをし、

いちじく桑の木の上に上ったというのです。


①走る

②木に登る


この二つの行動は、威厳を重んじるユダヤ人の成人男性(特に立場のある大人)にとっては

大変恥ずかしい行動でした。


ザアカイも裕福な男でしたから

走るのにも木に登るのにも、重い着物をたくし上げ

脚を晒さねばならなかったならかったはず。

これはとても恥ずべき行動なのです。


でも、彼の中の何かが、

彼をして主イエスに会うことへと駆り立てました。



・・・

イエスは、ちょうどそこに来られて、上を見上げて彼に言われた。

「ザアカイ。急いで降りて来なさい。

きょうは、あなたの家に泊まることにしてあるから。」

ザアカイは、急いで降りて来て、そして大喜びでイエスを迎えた。

・・・


「きょうは、あなたの家に泊まることにしてあるから。」


この部分のギリシャ語の文法を見てみると、

本当にこのことが前もって、それも神様のご意志として

決められていた、ということが現れ出ています。


イエスさまはザアカイに出会い、

彼の家に泊まるためにこの町にやってきたのです。


ザアカイはそうとも知らず、

主イエスを追い求めて走りました。


神のご意志、神のご計画。

そして、聖霊の促しによって、

あきらめずに走るザアカイ。


そこに奇跡が、救いが起こったのです。



兄弟姉妹。

救いは確かに百パーセント神様の御業であり、

まさに神の恵みにほかなりません。


しかし、私たちもまた、

手を伸ばすのです。


もちろん、手を伸ばせない人もいるでしょう。

体を起こせない方もみえるでしょう。


大丈夫です。

神様があなたを救おうとしておられること、

あなたに恵みを与えよとしておられることに、

心から同意し、求め、受け取ろうとしてください。


・・・

主よ、

あなたがわたしに恵みを与えようとしておられることを信じます。

わたしはあなたが与えようとしておられるものを

感謝して受け取ります。

・・・


このように心から告白し、御業に同意して心を開くなら、

それはまさに、あなたにとって

走っていちじく桑の木に登ることと同じことなのです。











閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page