• 元気牧師

9月8日(木)




【聖句】


わたしの時はあなたのみ手にあります。  


(旧約聖書・詩編31編15節[口語訳])



【黙想】


なんという慰めの言葉でしょう!

わたしの時は、神の御手にある。

神の御手の上に、神の御手の内に、あるのです。


このことを素直に信じ、安らかにあることができるよう、

主の助けを心から求めたいと思います。


ヨハネ福音書において主イエス・キリストは、

何度も繰り返して「わたしの時はまだ来ていない」

「わたしの時はまだ来ていない」そして「わたしの時が来た」と語っておられました。


主イエスの言う「わたしの時」とは、

神が主イエスにお定めになった時のことです。

主イエスは、神の時を「わたしの時」と呼んだのです。

私の時は、あなたの時、あなたの時は、わたしの時。

主イエスのあの平安の源泉は、

まさに「父よ、わたしの時はあなたの御手にあります」という信頼にあるのだと思います。


自分の時にしがみつくなら、平安はありません。

「わたしの時はあなたの御手にあります。」

神の時があるのです。神のご計画があるのです。

もっと良い時が、さらに勝った御計画が、あるのです。




【小さな祈り】


父よ。

わたしの時はあなたの御手にあります。

神の時、神の最善の時を信じます。

わたしの時はあなたの御手にあります。

あなたの最善の時を信じ、

あなたのさらにまさったご計画に期待し、

私は待ち望みます。

わたしの時はあなたの御手にあります。

*あなたの言葉で祈りましょう。

アーメン。





閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示