top of page
  • 執筆者の写真元気牧師

9月14日(木)



【聖句】


わたしが、あなたの神、主。

あなたをエジプトの地から導き上った神。

口を広く開けよ、わたしはそれを満たそう。


(旧約聖書・詩編81編11節)



【黙想】


この聖句の前後にはこう記されています。


・・・・

わたしの民よ、聞け、あなたに定めを授ける。

イスラエルよ、わたしに聞き従え。

あなたの中に異国の神があってはならない。

あなたは異教の神にひれ伏してはならない。

わたしが、あなたの神、主。

あなたをエジプトの地から導き上った神。

口を広く開けよ、わたしはそれを満たそう。

しかし、わたしの民はわたしの声を聞かず

イスラエルはわたしを求めなかった。

・・・・


神様は、本気で私たちに向き合ってくださっているのです。

本気で、私たちに一途でいてくださる。

だから

あなたの中に異国の神があってはならない。

あなたは異教の神にひれ伏してはならない。

・・・と求め、お命じになるのです。


考えてみれば当たり前です。


一人の人に決めて結婚したのに、

別の女の人の写真をいつまでも飾っている夫は、

どう考えてもおかしいじゃないですか。




神様は本気で、私たちに与えたいと願っておられるのです。

だから、

口を広く開けよ、わたしはそれを満たそう。

・・・と求め、お命じになるのです。



しかし、イスラエルの民は

主を求めず、主に背を向け、

他の神々の後を追いました。



兄弟姉妹、

神様は本気です。

本気には、本気でこたえたいですよね。


でも、歯を食いしばって、

無理やり頑張るのではありません。


むしろその逆です。

口を大きく開ける。


歯医者で嫌々口を開くのではありません。


ひな鳥のように、

すべてをゆだね、すべてを親鳥に期待して

口を大きく開けるのです。



わたしが今、

「さあ、天に向かって、実際に、あなたの口を大きくあけてください」って言ったら、

何人の方が本当にそうしてくださるでしょうか。


たとえあなたが今、部屋に一人っきりでも、

たぶん、しないでしょう?


でも、そこであえてやってみる、って結構大事だったりします。

信仰を邪魔しているのは、

見栄やプライドである場合がとっても多いので。


以前、わたしが聖書を音読していて、

「空の鳥を見なさい」ってイエスさまの言葉を読んだら、

幼稚園の年長さんだった息子が窓の外を見ていました。


これだ、と思いました。









閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page