top of page
  • 執筆者の写真元気牧師

8月6日(日)



【聖句】


イエスは言われた。

「わたしの羊を飼いなさい。」


(新約聖書・ヨハネによる福音書21章17節)



【黙想】


よみがえられた主イエス・キリストが

ガリラヤ湖の湖畔で弟子たちを朝の食事を共にしていたとき、

主はおもむろにペトロに呼びかけられました。


「ヨハネの子、シモン。わたしを愛しているか。」


三日前のあの夜。

三度、主イエスを知らないと言ったペトロ。

そのペトロの裏切りを一つ、一つ、愛で上塗りしていくかのように、

主は復活の朝、三度、ペトロに「わたしを愛しているか」と呼びかけました。


そして主は、さらに同じように三度、こう言われました。

「わたしの羊を飼いなさい」。



わたしの羊。

それは主イエスを信じる者たち、

主イエスのものとなった人々のことでしょう。

主イエスが命をささげてご自分のものとなさった

神の子どもたちのことでしょう。


主イエスは、そんなご自分の最も大切なものを、ペトロに託されたのです。


この事実から一つのことを受けとりたいと思います。


主イエスはペトロを愛しているということ。

のみならず、主イエスはペトロを信頼しているということです。

信じているということです。


もちろん、ペトロも私たちも、

主に信頼され、信じていただけるような者ではありません。


しかし主は私たちを信じてくださる。

信じて、ご自分の尊い宝を託してくださる。


「わたしの羊を飼いなさい。」


失敗しても、躓いても、裏切っても、なおも主は。








閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page