top of page
  • 執筆者の写真元気牧師

8月28日(月)



【聖句】


神はわれらの避け所また力である。

悩める時のいと近き助けである。


(旧約・詩編46:1[口語訳])



【黙想】


詩編46編は、ドイツの宗教改革者マルティン・ルターが作った有名な讃美歌、

「神はわがやぐら」のもとになった詩編です。


彼自身の試練の真っただ中で、

また恐ろしい疫病であるペストが蔓延し、

死の足音がもうすぐそこまで近づいている状況の中で、

彼は詩編46編を握って生き抜いたのです。


詩編46編、新共同訳聖書では次のような言葉で始まります。

神はわたしたちの避けどころ、わたしたちの砦。 苦難のとき、必ずそこにいまして助けてくださる。

「必ず」と聖書が言うとき、

それは文字通り「必ず」なのです。


苦難のとき、必ずそのところにいて助けてくださる。

必ず助けてくださるのです。


ルターが記した讃美歌の歌詞の原文はドイツ語ですが、

その言葉をほぼそのまま翻訳した歌詞を載せてみます。


日本語の讃美歌267とは違う味わいがあります。

ぜひ噛み締めるように読んでみてください。


1.

私たちの神は堅き砦、よき守りの武器。 神は私たちを苦しみ、悲惨から助け出してくださる。 悪い敵はいま必死にあがいており、 その大きな勢力と策略を用いて攻撃してくる 地上の存在でこれに勝てる者はない。

2. 私たち自身の力は無に等しい。

私たちは一人では立つこともできない。 しかし私たちにかわって戦ってくださる方がおられる。 その方は神が立ててくださった戦士。 あなたはその名を聞くのか。

その御名はイエス・キリスト。 万軍の主なるお方、神ご自身であられるお方。 主は敵に敗れることはない。

3. 悪魔が世に満ちて、私たちを飲み込もうとするときも 私たちは恐れなくてもよい。私たちは敵に勝利する。 この世を支配するサタン、悪魔がたけり狂っておそってくるときも 彼の手は私たちにとどかない。 彼は神のみことばの一撃で、打ち倒される。

4. 世人たちがみな神のみことばをあざけり、 御言葉をふみにじっておそれを知らぬときであっても 主は私たちと共に戦ってくださり、 聖霊と賜物を与えてくださる。 世人が地上のいのち、財産、名誉、妻子を奪いとろうとしても 世人は何も得ることはできない。 神の国は永遠にキリスト者のものなのだ。



【小さな祈り】

(可能な方は讃美歌267番を歌うか聞くかするのもよい)


主よ。

あなたはわたしの避けどころ、

わたしたちの砦です。

苦難のとき、あなたは必ず

すぐそばにいまして私を助けてくださいます。

「必ず」とあなたはおっしゃいました。

あなたが「必ず」とおっしゃるのですから、

私は無条件に信じて期待します。

どうかあなたの御言葉のとおり、

この身になりますように。

*あなたの言葉で続けて祈りましょう。

アーメン。



閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page