• 元気牧師

8月14日(日)





【聖句】


御心が行われますように、天におけるように地の上にも。


(新約・マタイ6:9)



【黙想】


ある人は言いました。

祈ってから計画を立てなさい。 自分の計画を立ててから その計画が上手くいくように祈るということが あってはなりません。

しかし胸に手をあてて考えてみますと、

私たちの祈りはいかにしばしば、

「あってはならない」祈りになっていることでしょうか。


自分の願いがまずあって、

自分の計画がまずあって、

自分の段取りがまずあって、

その実現のために神に祈る。


私たちは、祈りの中ですら

自己中心の罪を犯すのです。


肝に銘じたく思います。


祈りとは、自分の願いを神様に聞いていただくことだ。

もちろんそうです。


しかしそれ以上に、それ以前に大切なことがあります。


祈りとは、神様の願いを、聞かせていただくことです。

私の、神への願いを、伝えることも大切ですが、

神の、私への願いを、受けとることのほうがもっと重要です。

(だから聖書を読むこと、説教を聞くことも「祈り」です。)


そして神の願い、神様の御心を受けとったなら、

その御心が、地の上になるように、

実現するようにと祈る。


そのために必要な知恵や力、助けや導きを求める。


このように神様の周波数に合わせた祈りは、

しばしば、驚くほど鮮やかにこたえられます。




祈りが応えられない…。

聞かれているのか心もとない…。


それはもしかしたら、

あなたがマシンガンのように自分の願いばかりぶつけていて

相手(神様)の御心を聞こうとしていないからかもしれません。


立ち止まって祈り方を変えるようにというサインかもしれません。



【小さな祈り】


父なる神様。

あなたの御心が行われますように、

天におけるように地の上にも。

今まで、自分の話ばかりでした。

自分の願いばかりでした。

まるで偶像に願掛けしているようでした。

そんなつもりはありませんでしたが、

事実、あなたを無視していたのです。

聞かせてください。

私は受け取ります。

あなたのお考えを。

あなたのお望みを。

私のための、あなたのご計画を。

*しばらく静まってください。

何か示されたなら、それを受けとります。

そうでないとしても、

神さまに沈黙(あなたの時間)を捧げ

主と共に時を過ごすことを喜びます。

アーメン。




閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示