top of page
  • 執筆者の写真元気牧師

7月31日(月)




【聖句】


御霊によって歩みなさい。


(新約聖書・ガラテヤの信徒への手紙5章16節)



【黙想】


キリスト者の信仰生活すなわち、

私たちの人生の大原則。


それは「御霊によって歩む」ということです。

「御霊によって歩み続ける」というほうが正確な表現です。


でも具体的に

「御霊によって歩む」とはどういうことなのでしょうか。


難しいことではなく、

シンプルな3つのことを書きたいと思います。



① 認め、意識し、歓迎する。

私たちのうちに聖霊がお住まいくださっていることを認め、

事あるごとにこの驚くべき事実を意識し、

「聖霊なる神様、あなたがわたしの内に

 お住まいであることを信じて感謝し、心から歓迎いたします」と

申し上げることはとても大切なことです。



② 御言葉、祈り、讃美

日々聖書の御言葉に親しく触れること、

祈ること、讃美することはとても大切なことです。


自然な、素朴な思いとして、

「聖霊なる神よ、

 わたしをイエスさまに似た者にならせてください」と

祈ることはとても良いことです。



③ ゆだね、踏み出すこと。

聖霊が与えてくださる力は、

電動アシスト自転車に似ています。


聖霊の力が与えられるのを待ってから、

踏み出していくというよりも、

聖霊を信頼して、委ねて、踏み出したところに、

聖霊の力が増し加えられるのです。


祈ることなしに踏み出すのは違いますが、

あるところまで祈ったら、

祈りつつ踏み出していくということがとても大切です。


「祈り」そのものもそう。

とにかく信じて祈り始めるのです。

聖霊に舌を委ねて、どんな言葉でもいいから、祈り始めるのです。



あなたがキリストを我が救い主と信じる者ならば、

例外なく、必ず、聖霊なる神はあなたの内におられます。


聖霊を信じる信仰は、

キリスト者の奥義ではなく基本です。


聖霊によって歩む、というのは、

自動車学校の実技講習で

アクセルとブレーキを習うのと同じくらい

キリスト者の生活における基本動作なのです。















閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page