top of page
  • 執筆者の写真元気牧師

6月2日(金)




【聖句】


アブラハムはその場所を

ヤーウェ・イルエ

(主は備えてくださる)と名付けた。

そこで、人々は今日でも

「主の山に、備えあり」と言っている。


(旧約聖書・創世記22章14節)



【黙想】


アブラハムは、

「息子イサクを捧げよ」との

主のご命令に応えて出かけていきました。


私たちの感覚からすると、

「主はなんて残酷な方だ」と思うでしょう。


しかし私たちは黙っていよう。

主なる神様と、

その友と呼ばれた

信仰の父アブラハムの関係性に、

私たちのような外野が

とやかくいうのは、

たぶん違っていると思います。


二者の間でしか分からない

魂のやり取りがあったのだと思います。


そしてアブラハムは、

主のご命令に従って旅立った。


そして主がお命じになった山に

登ったのです。


そしてその山に、

主の備えがあった。


息子イサクに代わる

捧げものの羊が準備されていた。


そしてアブラハムは

その場所を

主は備えてくださる」と名付けたのです。


大切なことが二つあります。


私たちが、

「主は備えてくださる」

との信仰に立つこと。


そして私たちが、

信じて「主の山に登る」ことです。


与えられてから

登るのではありません。


登るから、与えられるのです。


主は備えてくださいます。

与えてくださいます。

必ず必要を満たしてくださいます。


でも、私たちにも

私たちの側でも、

なすべきことがあります。


信じて主の山に登ること―。

自分が登りたい山を

勝手に選んで登り始めるのではありません。


主はアブラハムに、

「わたしが命じる山の一つに登りなさい」

と言われました。


主がお命じになった山に

私たちが登るなら、

必要なものはすべて

備えられるのです。




【ちいさな祈り】


主よ。

あなたのお命じになる山を

お示しください。

私はその山に登ります。

あなたを信じてでなければ

決して登れない山、

あなたの備えを期待し、

あなたの恵みに信頼して、

わたしは主の山に登ります。

「主の山に、備えあり!!」と、

アブラハムが涙にむせんで

叫んだように、

わたしも声の限りに叫び、

歌い、証したいのです。

*あなたの言葉で祈りを続けてください。

アーメン




















閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page