top of page
  • 執筆者の写真元気牧師

6月15日(木)



【聖句】


わたしの力は弱いところに

完全にあらわれる。


(新約聖書コリントの信徒への手紙Ⅱ12章9節)口語訳

*パウロへの主の御言葉



【黙想】


6月11日㈰の礼拝では、

聖書に記されている

「聖霊の賜物」について

分かち合いました。


時間の都合上、

聖霊の賜物とその働きについて、

網羅的に語ることはできませんでした。


具体的な個々の聖霊の賜物について、

またその聖霊の賜物を

働かせるには?ということについては

ほとんど触れることができませんでした。


いつか必ず、

分かち合いたいと思っています。


今日はこの話の関連で、

一言だけ申し上げたく思います。


ある人は聖霊の賜物の話や、

自分の力ではなく

聖霊の力によって仕えるのだ、

という話を聞いて、

こう言うのです。


「なるほど。

 でもどうやって!?」


いわば聖霊の力をいただく

秘訣を教えてほしいというのです。


聖霊の力をいただく秘訣は、

そんな秘訣などないということを

知るということです。


「わたしがどうすればいいのか」

という発想は手放すこと。


ある書物の言葉を

ここに引用しましょう。

老練の牧師が、

若い牧師に向かって

語りかけた言葉です。



もしわたしがもう一度

最初から牧師をやり直すことが

できるなら、

教会においてキリストの

ご目的を成し遂げるのは、

私の弁舌でなく

聖霊の御力によることを

忘れないようにしたい。


神が私たちのために

備えておられる祝福はみな、

聖霊によって現実のものとなる。


「主の力は弱さのうちに現われる」

(Ⅱコリント11:9)とあるが、

私たちはあまりに強くて、

神が私たちをお用いになることが

できないのではないだろうか。

私たちが霊的な業や

永続的な働きを自分自身でできると

思っている間は、主は、

私たちのなすがままに

しておかれるであろう。

しかし、結果は、

人間的なものでしかない。



聖霊の力を受ける秘訣は、

そんな秘訣などないということを

知ることだと申しましたが、

もう少し具体的に言うならばこうです。


聖霊の力を受ける秘訣は、

私は聖霊の力をいただかなければ

神様に仕えることはできない、

ということを心から認めることです。


自分の力がまるで

役に立たないものであることを

心底から認めることです。


赤ん坊が自分一人では

立つことも、歩くことも、

食べることもできないように、

私たちは自分一人の力では、

霊的な働きを

一つたりとも成し遂げられません。


イエスさまは大胆にも

こうおっしゃっていましたよね。


わたしにつながっていなさい。
わたしもあなたがたに
つながっている。
ぶどうの枝が、
木につながっていなければ、
自分では実を結ぶことが
できないように、
あなたがたも、
わたしにつながっていなければ、
実を結ぶことができない。 
わたしはぶどうの木、
あなたがたはその枝である。
人がわたしにつながっており、
わたしもその人につながっていれば、
その人は豊かに実を結ぶ。
わたしを離れては、
あなたがたは何もできないからである。
(ヨハネ15:4,5)








閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page