top of page
  • 執筆者の写真元気牧師

4月8日(土)



【聖句】


神よ、

わたしが依り頼むのは

自分の弓ではありません。

自分の剣によって

勝利を得ようともしていません。


(旧約聖書・詩編44編7節)



【黙想】


ほうら。

またあなたは自分の弓で、

自分の剣で戦っている。


弓をキリキリと引き絞れば

引き絞るほど、

私たちは平安を失っていきます。


私たちは自分の武器で

戦っちゃいけないんです。


この世と競合するような

戦い方をしてはいけないんです。


キリスト者は「膝で戦う」のです。

すなわち、

私たちは祈りによって

戦うのです。


十字架の前の晩、

主イエスはゲツセマネの園で

恐れのうちに悶え苦しまれました。


しかし主は、

その恐れと悲しみを

少しでも和らげようと

酒をあおることも、

権力者に取り入ることも、

量刑を軽くするための

策略をあれこれ

考えるのでもなく、

ただ父なる神の御前に

真心からの祈りを

注ぎ出しました。


祈りによって

戦ったのです。


たぶん、私たちは祈りを

切り上げるのが

あまりにも早すぎるのです。


子どもにとって、

ただ遊ぶことではなく

「遊び込む」ことが大切であるように、


キリスト者にとっては、

「祈り込む」ことが大切なのです。


戦い方を間違えていては、

勝利は望むべくもないですよ。






閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page