top of page
  • 執筆者の写真元気牧師

3月4日(土)



【聖句】


天地創造の前に、

神はわたしたちを愛して、

御自分の前で聖なる者、

汚れのない者にしようと、

キリストにおいて

お選びになりました。


(新約聖書・エフェソの信徒への手紙1章4節)



【黙想】


以前もどこかに

書いたような気もしますが、

わたしは誕生日の

こどもさんびかの歌詞が、

とても好きです。


子どものときは

うれし恥ずかしの

気持ちばかりで

歌詞の意味など考えたことも

ありませんでした。


でも今、あらためて思います。

この歌詞って、すごいですよね。


生まれる前から 神さまに

愛されてきた ともだちの

誕生日です おめでとう!


ふつうは、

生まれてから今日まで、って

言いますよね。


でも聖書は違う。

生まれる前から

愛されていた。

母の胎を出でざる先より、

あなたは神に愛されていた、

っていうのです。


でも実は、聖書は

もっともっと

驚くべきことを告げています。


それが今日の聖句です。


 天地創造の前に、

 神はわたしたちを愛して、

 御自分の前で聖なる者、

 汚れのない者にしようと、

 キリストにおいて

 お選びになりました。


あなたが生まれる前から、

なんてもんじゃない。


天地創造の前から、

神さまはあなたを愛し、

あなたをお選びくださっていた

と聖書は言うのです。


この世が影も形も

ないときから、

主はあなたを愛していた。


どういうことなんでしょう。

いや、分かりませんよ。

分かるわけないですよ。


ただ一つだけはっきりと

分かること。


それは、

神さまがあなたを

途方もないくらい

信じられないほどに

愛しておられるということ。


どうか兄弟姉妹、

神さまのあなたへの愛を

小さくしないでください。

過小評価しないでください。

人間の愛と同列におかないで

ください。


天地創造の前から

あなたを愛していた神が、

あなたのために

その独り子をすら惜しまず

死に渡された神が、

あなたのしでかす過ちによって

その愛を翻すと思いますか。


そりゃもちろん

だから何してもいい、

っていうのとは違います。


でも私たちは、

もっと大胆に神の愛を

信じていいのだと思います。











閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page