top of page
  • 執筆者の写真元気牧師

3月25日(土)



【聖句】


悩みの日にわたしを呼べ、

わたしはあなたを助け、

あなたはわたしを

あがめるであろう。


(旧約聖書・詩編50編15節[口語訳])



【黙想】


悩みの日に、

苦難の日に、

声をあげて呼び求める相手が

与えられている。


限りなく幸いなことです。


幼い子どもはきっと、

常に呼び求める相手がいるから、

いつも涙を注ぐ胸を、腕を、

与えらえているから、

生きていけるのです。

自分が弱くても、

自分が小さくても。


きっと私たちにとっての

本当の幸い、

本当の安全は、

呼びかける相手が

いるということなのだと思います。


主は別のところで

こうも語られました。


 あなたが呼べば主は答え

 あなたが叫べば

 「わたしはここにいる」と言われる。

 (イザヤ書58章9節)



問題があるとすれば、

それは、

私たちが主を呼ばないこと

なのだと思います。


あなたは主を呼んでいますか。

何を祈ろう、

どう祈ろう、ばかり考えて、

主を「呼ぶ」ということが

おろそかになってはいないでしょうか。


祈りも礼拝も、

根本にあるのは

「主の御名を呼ぶ」ということ。


どうか呼んでください。

何を祈るかを考えてから

主を呼ぶのではなく、

主を呼ぶことから、

主の御名を呼び求めることから

もう祈りをはじめてしまえばよいのです。


主の御名を呼ぶことこそが、

祈りのすべてなのですから。


昔アッシジのフランチェスコの友人が

フランチェスコの家に泊まった時。

彼は、その聖人の信仰の秘密を

探ろうとして、

夜中、寝たふりをして目を覚ましていたそうです。


友人が眠ったと思ったフランチェスコは

起きて寝床に膝間づき

天を仰いでひたすらに、

「わが主よ、わが神よ」と御名を呼び、

涙していたそうです。



兄弟姉妹。

あなたも主の約束を信じて、

御名を呼ぼう。


 悩みの日にわたしを呼べ、

 わたしはあなたを助け、

 あなたはわたしを

 あがめるであろう


さあ、主の御名を呼ぼう!

今すぐに。

あとで、じゃない!

一言でいいから今すぐに。

声に出して言ってください!


「わが主よ、わが神よ。」









閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page