top of page
  • 執筆者の写真元気牧師

2月3日(土)



【聖句】


「取って食べなさい。これはわたしの体である。」


(新約聖書・マタイによる福音書26章26節)



【黙想】


先日、ふと気になって

「いただきます」という食前の挨拶の意味を調べたのです。


基本的には感謝を表す言葉のようですね。


わたしが心惹かれたのは、

「肉や魚や野菜の命をいただく」という感謝について述べた文章の中の、

次の言葉です。



「この感謝の言葉は

『あなたの命を、わたしの命にさせていただきます』という意味が込められています。」


ドキッとするような、目が覚める言葉でした。


あなたの命を、わたしの命にさせていただきます。


これぞまさに、私達キリスト者が

聖餐のパンと杯を受けるときに祈るべき感謝ではないかと思いました。



 主イエスよ、感謝します。

 あなたが私のために十字架にかかり、

 あなたのありったけの命を注いで、

 私の罪を贖って、わたしを神の子としてくださいました。

 主よ、今、私は心からの感謝のうちに

 このパンと杯を受け、

 信仰をもってこれを味わい、

 あなたの命を、

 私の命にさせていただきます。



そうなると、「ごちそうさまでした」という言葉も意味深です。


ご馳走様。

この言葉は、食材を得るために汗水たらして

あちこちを駆け回ってくれた作り手の労苦を思って感謝する言葉です。


主イエスが私たちの救いのために天からくだり、

食する暇も打ち忘れて苦しむ人々を訪ね、

湖の向こうにも、遠くの町や村にも

福音を届けるために駆けてくださった。


そんな主イエスの「御馳走」への感謝の思い。

主よ、御馳走様です。感謝です!



明日は聖餐礼拝。

「いただきます」の心を携えて・・・。








閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page