top of page
  • 執筆者の写真元気牧師

12月7日(木)



【聖句】


あなたには、すべてができること、
あなたは、どんな計画も成し遂げられることを、私は知りました。

(旧約聖書・ヨブ記42章1節)新改訳



【黙想】


きわめて厳しい試練に立て続けに見舞われた義人ヨブ。 子供たちやしもべ、家畜、財産をすべてを喪失した彼は、

「正しく生きて来たのになぜこのような目にあうのか!」

「わたしなど生まれてこないほうがよかったのだ」と、

神に抗議するのです。

そんなヨブ記の結末。

終始沈黙しておられた神様が、突如口を開かれるのです。


しかし主は、ヨブの抗議には答えず、彼の「なぜ」には回答せず、

そのかわりヨブに向かって次々と質問を繰り出すのです。

「わたしが地の基を定めたとき、あなたはどこにいたのか?」と。

ヨブは答えられず、黙り込んでしまう。

しかしヨブは、納得するのです。

神の問いかけに答えられず、逆に打ちのめされて、

それで納得し、神の前にひれ伏すのです。


なぜでしょう。


ヨブはこう言います。

・・・・

私はあなたうわさを耳で聞いていました

しかしこの目あなた見ました

それで私自分さげすみ

ちりと灰の中で悔い改めます。(42:5-6)

・・・・


主はあれこれと説明することはしなかった。

そのかわり、ヨブにご自身を現された。


わたしたちは辛いことに見舞われると「なぜ」と言う。

でもそのとき私たちに本当に必要なことは、

説明を聞くことではなく、

神様ご自身に出会うことであり、

神様ご自身に抱きしめていただくことなのだと思う。


・・・・

あなたには、すべてができること、
あなたは、どんな計画も成し遂げられることを、私は知りました。

・・・・


圧倒的な神の大きさ、計り知れない神の知識、

海よりも深い神の愛。


この大きさに打たれ包まれるとき、

わたしたちの「なぜ」は解け去るのだと思う。



昨日の聖書研究祈祷会で、

イエスさまが再び来られるという約束を巡って話し合っていたとき、

「私たちが味わったこともないような喜び」という言葉を聞きました。


この喜びの中で私たちは、

地上で味わった労苦をもはや思い出すことができないほどに、

満たされるのだというのです。


あれほど「なぜですか!」と叫んでいたことを、

もはや思い出すことができない自分になる。


ああ、神様の約束はいかに壮大で、

いかに想像を絶するものであることか。



閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page