top of page
  • 執筆者の写真元気牧師

12月3日(日)アドベントⅠ



【聖句】


わたしたちは主キリストに結ばれており、

キリストに対する信仰により、確信をもって、

大胆に神に近づくことができます。


(新約聖書・エフェソの信徒への手紙3章12節)



【黙想】


私たちはあまりにも縮こまっている!

イエスさまが十字架にかかってくださった、

その絶大なる恵みを過小評価している!


私たちはイエス様の十字架の贖いによって、

神の子とされているのです。


自分の義、自分の業、自分の功績によらず、

一切、すべて、百パーセント、

イエスさまのおかげで

私たちは神に愛される神の子とされているのです。


「神の子らしくしなくちゃ」と気負って、

「クリスチャンらしくしなきゃ」と縮こまって、

私たちは与えられている身分と立場を自ら投げ捨てている。

信仰を、その恵みを、

小さく、こじんまりしたものにしてしまっている。


神様にどう思われるか、なんて考えていたら、

礼拝することも、祈ることもできない。


もちろん「だから何でもあり~~」とだらしない、しまりのない姿勢は間違い。

でも、ビクビクして、自分の行動や振る舞いにばかり目くじらを立てているのも、

それと同じくらい大きな間違い。



ドイツの宗教改革者マルティン・ルターの言葉を思い出します。


キリスト者よ、大胆に罪を犯せ、
しかして更に大胆に悔い改め、大胆に祈れ。

大胆に罪を犯せ、とはドキッとする言葉です。

もちろん「どんどん罪を犯せ~!」と言っているのではありません。


あれはいいのか、これはだめなのか、と縮こまって、

亀のように手も足も縮こまって自由を失い、

喜びも感謝も忘れているキリスト者に、

ルターは気づかせたいのです。


もっと大きく信じ、のびのび大胆に祈っていいんだ、と。

もっと言えば、

失敗を恐れずにもっと大胆に祈っていいんだよ、ということです。


聖書の言葉を思い出します。


 わたしたちは主キリストに結ばれており、

 キリストに対する信仰により、確信をもって、

 大胆に神に近づくことができます。



キリストに結ばれているなら、

私たちはもっと大胆に、失敗を恐れず、

お父さんの懐に飛び込んで行っていいのです。


最もよくないことは、

失敗を恐れて何もしないこと、

失敗を恐れて、祈らないこと、祈れなくなること、

祈りが億劫な作業になってしまうことです。





閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page