• 元気牧師

11月1日(火)



【聖句】


信仰は望んでいる事がらを保証し、

目に見えないものを確信させるものです。


(新約聖書・ヘブライ人への手紙11章1節[新改訳])



【黙想】


昨日は505回目の宗教改革記念日でした。


1517年10月31日、

聖書に基づいて信仰の神髄に気づかされたルターが、

当時のローマ・カトリック教会のあり方に対する問題提起として、

ドイツ・ヴィッテンベルクの城教会の門に95箇条の提題を打ち付けたことから、

宗教改革がはじまりました。


私は神学校時代、

このマルティンルターの礼拝改革をテーマに選んで学位論文を書きましたが、

その時ルターさんの言葉と親しく触れ合いつつ感じたことは、

この人の信仰の素朴さ、純粋さでした。


神の言葉(聖書)に書いてあることを、

まっすぐに、子どもの様に信じよう、受け入れようとする姿勢に、

すがすがしさを覚えました。


そんなルターが信仰について語った言葉を分かち合いたいと思います。

以下はルターの言葉の引用です。


 「感情と信仰はまったく別物である」、と私はしばしば言ってきました。信仰は、何も知らず、理性で理解できなくても気にせず、目をつむって素直に御言葉に従います。ところが、感情は、理性で理解できることや、見聞きできることや、さわれるものに頼ります。
 このように、感情と信仰とは正反対のものです。ですから、救いに関しては、感情から抜け出して、素直に神様の御言葉を聞きなさい。それを心に入れ、感情に振り回されずに、たとえあなたが自分の罪を感じている場合にも、その罪はきれいに拭い取られていることを信頼し続けなさい。どう感じているか観察したりせずに、たとえ死や罪や地獄があなたを包囲している場合にも、実はそれらはすでに敗北していることを堅く信じなさい。なぜなら、たとえ罪の感覚がまだ私たちの中に残っていても、それは私たちを信仰へと追いやり、信仰を強める結果になるからです。
 こうして私たちは、あらゆる感情や理性的な考え方に反して、御言葉を自分のものとして受け入れ、心と良心をいつもキリストに結びつけるようになるのです。このように信仰は静かに罪や死や地獄を通り抜けて、私たちを導いていきます。そしてようやく、私たちはあがないのみわざを自分の目でみるようになります。そのときはじめて、自分たちが信じてきたこと、すなわち、死やあらゆる不幸はすでに敗北していることを、正しくまた完全に知るようになるのです。


【小さな祈り】


*ルターの祈りの言葉を紹介します。

*祈りの冒頭の言葉として、学ぶところ多い言葉であると思います。

 この言葉に続いて、あなたの祈りを捧げてください。


ああ、天の父よ、愛する神よ、

私は価値のないあわれな罪人です。

しかし、あなたは私達すべての者に祈るように命じ、

またそれを聞きとどけることを約束なさいました。

ですから私は従順にみ前に出て

あなたの恵み深いお約束に身を委ねます。

アーメン




閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示