• 元気牧師

10月1日(土)



【聖句】


わたしはあなたたちの老いる日まで

白髪になるまで、背負って行こう。

わたしはあなたたちを造った。

わたしが担い、背負い、救い出す。


(旧約聖書・イザヤ書46章4節)



【黙想】


ある人気芸人のコンビの片方が不祥事を起こし、

世間から大バッシングを受けて活動自粛していた時。


打ち沈む当事者に対して、

コンビの相方はこう言ったそうです。


「信頼回復にどれくらい時間がかかるか分からないけれど、

お前の人生は俺の人生でもあるから、

一緒にがんばっていこうな」。


不覚にも、心を動かされました。

お前の人生は、俺の人生でもある。

お前の人生を、俺も担う。

覚悟のある、愛のある、言葉だと思います。



罪を犯し、神に背き、

それゆえに国を失って捕囚の民となり、

異国の地で試練の日々を過ごしていたユダの人々。


そんな彼らに向かって主は、

おっしゃるのです。


わたしに聞け、ヤコブの家よ
イスラエルの家の残りの者よ、共に。
あなたたちは生まれた時から負われ
胎を出た時から担われてきた。
同じように、わたしはあなたたちの老いる日まで
白髪になるまで、背負って行こう。
わたしはあなたたちを造った。
わたしが担い、背負い、救い出す。

神さまの覚悟が込められた約束。

あなたが罪を犯しても、

失敗しても、年老いて白髪になっても、

あなたがどうなろうとも、

わたしはあなたを担っていく、

背負っていく、救い出す。



不祥事を犯したかの芸人は、

相方の「お前の人生は俺の人生でもある」という

言葉を聞いて泣き崩れたといいます。


きっと彼は、相方の愛に触れてはじめて

自分の罪の重さに痛み入り

「悔い改め」たのだと思います。



私たちもまた、

なすすべなきときに

なおそこに変わることなく響いてくる、

「わたしはあなたたちを造った。

わたしが担い、背負い、救い出す。」

この恵みと慈しみの御言葉に包まれて泣き崩れるとき、

そこに命に至る悔い改めが生じるのです。


今日の聖句、しっかりしまっておいてください。



【小さな祈り】


主なる神様。

なすすべなく立ち尽くす時、

自分で自分のことをどうすることもできない時、

あなたの御言葉が聞こえてきます。

まだ足がつくと思っていた場所で、

急に深みに落ち込むように、

罪の深刻さに溺れ死にそうになるとき、

あなたの御声が響いてきます。

どうか主よ、

私に、

あなたの信じられないほど深い愛を受けとらせてください。

完全な愛が、恐れを締め出してくれる、

その力強さを味わわせてください。

新しい月も、あなたの背にわたしを委ねます。

*あなたの言葉で祈りましょう。

アーメン。


(※ 今朝の公開時間が30分遅れました。ごめんなさい!)



閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示