top of page
  • 執筆者の写真元気牧師

1月22日(月)




【聖句】


イエスは彼を見つめて

あなたはヨハネの子シモンであるが、

ケファ―『岩』という意味―と呼ぶことにする」と言われた。


(新約聖書・ヨハネによる福音書1章42節)



【黙想】


昨日の礼拝説教の中で、

イエスさまが弟子たちに「名前」を付けていらっしゃったことを

少しだけ語りました。


「岩、ケファ」と名付けられたシモンのことも紹介しましたし、

「神の賜物、マタイ」と名付けられたと言われているレビのことも紹介しました。


そしてこの名前には、

意味があるのだということをお話ししました。


「ケファ」と呼ばれたシモンは、

教会の土台となるように、

信仰の人になるようにと主は見定めていらっしゃったのです。


徴税人レビの場合は、イエスさまに出会い、変えられ、

そして「マタイ~神の賜物~」と呼ばれるようになった。


人生に挫折し徴税人としての人生を生きていた彼に、

主イエスは「神の賜物」としての人生を与え、

「神の贈り物」を与える人にしてくださった。


そう、神は彼を通して全人類にとてつもなく大きな

「神の贈り物」をくださいました。


そう。『マタイによる福音書』ですよね。



礼拝後、わたしは、こんなことを思っていました。


シモンは「岩」と呼ばれ、

レビは「神の賜物」と呼ばれた。


もしかしたら天には、

私たちのためにも聖なる「呼び名」があるのかも?って。


神様が、わたしやあなたを何に召しているかということが分かるような、

イエスさまがつけてくださっている名前があるんじゃないか!?なんて。



わたしはなんて呼ばれてるんだろう?

イエスさまつけてくださった名前のように生きいるだろうか?



そんなことを思っていました。


あなたにも、イエスさまがつけてくださった名前があるかもしれません。


祈りのうちに、聞いてみてもいいかも?













閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page